Month:2015.09
レビトラで鼻づまりの症状が出ることも

レビトラは副作用が軽い薬ですがもしも出るとすればどのような症状が出るのでしょうか。
大体は体のほてりと動悸、そして目の充血や頭痛、そして鼻づまりが出ます。
これらのすべての症状が一度に出るかどうかは個人差ですが、大体レビトラを飲んだ方の9割近くは症状が出ると思ってください。
しかし症状が出ても禁忌症に当たらなければそれほど深刻な事にはなりません。大体は効き目のある時だけの一時的なものですので効果が無くなれば症状もなくなります。
また、これらの症状が原因で性交に支障が出ることもありません。
ですので気にせずに楽しみましょう。
しかし万一これらの症状が薬の効き目が切れてからも続くようであれば医師に相談してください。他の病気が原因の可能性もあるからです。
人によって副作用の出方に違いがありますが、9割と言う高い確率で出ますので事前に副作用の出方を実験するのもいいでしょう。自慰をする前にレビトラを使ってみてください。
もしも副作用が手におえないようであれば別の薬を使えばいいのです。
ちなみにこれらの症状が出る理由ですがレビトラは血流を促すことにより勃起不全を解消する薬だからです。
充血や動悸や頭痛、そして鼻づまりなどもそれに伴う症状です。
逆にこれらの症状が出ているからこそ効果が出ていることも実感できるでしょう。
副作用の不快感は人によって違いますが結局はレビトラによるメリットとでデメリットを天秤にはかる形になります。
鼻づまりくらいでしたら少し鼻声になる程度ですしさほど問題もないでしょう。
これからレビトラを使いたい方はあらかじめどのような副作用が出るのかを確かめておいてください。特に通販で買う場合には自分で調べることが大事です。