Month:2015.08
レビトラの副作用の一つとされる胃部不快

レビトラとは、成分として塩酸バルデナフィル水和物を含むED治療薬薬です。
世界初のED治療薬のバイアグラは、薬効継続時間が約4時間程度とされ、第3のED治療薬の新薬とされるシアリスは36時間の薬効継続時間を有していますが、第2のED治療薬とされるレビトラが薬剤の薬効継続時間が薬剤量により4時間~8時間程度とされ、第3のED治療薬のシリアスやメガリスに劣っていますが、レビトラは服用後15分から30分で効果が現れ即効性に優れています。
バイアグラと比較してレビトラは、食事による影響も少なく、早めに飲んでも効果が余り落ちないとされ、催淫作用も無く性欲を亢進させる効果も無いとされています。しかし、アルコールは控えた方が良いとされ、大量に飲み過ぎると薬剤の効果を発揮出来無くなる場合もあり、アルコールには注意が必要がです。
バイアグラと比較して、併用禁忌の医薬品が多いので注意が必要とされています。服用する際には、必ず医師の指示を仰ぐ必要があります。また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースを食した後に、レビトラを服用すると血中濃度が上がりすぎる事があるので、絶対に服用しない様に注意する必要があるとされています。
レビトラの副作用で最も一般に報告される副作用は、血管拡張剤の作用による頭痛とのぼせです。その他に胃痛などの胃部不快やめまい、鼻水、鼻づまりが副作用として発症するリスクがあります。
又、整脈や低血圧症の方、高血圧症の方、脳梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方のレビトラの服用には、細心の注意が必要とされており、特に主成分であるバルデナフィルに薬剤アレルギーのある方やニトログリセリン系の薬剤を使用している心臓病患者の服用は禁忌とされています。