Month:2014.10
薬の過剰摂取による死亡例

市販薬でも病院等から処方された薬でも、服用する際には、用量用法を守ることが大切だと言われています。
市販薬の場合は、研究結果を元にして安全性も検証した上で製造や販売されています。
病院等の専門機関から処方される場合には、その人自身と症状に合わせて薬が選別され種類と量が適切に調合されているのです。
万が一、薬を規定以上服用してしまった場合には、薬の過剰摂取となってしまい、最悪死に至るケースもあります。
これまでにも多くの死亡例が存在します。
薬の過剰摂取は、オーバードースとも言われ、原因としては誤投与や誤飲、誤判断が挙げられます。
誤飲や誤判断の死亡例としては、常に飲んでいる薬に耐性がつき、効果が出難くなったが故に量を増やしてしまう例があります。
誤飲では、小さい子供が間違えて飲んでしまう例も少なく無いのです。
また、自傷や自殺行為、現実逃避等の為に薬の過剰摂取をする人も中には存在します。
市販薬よりも処方薬の方が薬の過剰摂取に繋がりやすい傾向にあると言われ、日本でも精神科へ通う患者への多剤大量処方が問題視された過去があります。
沢山の薬を処方し服用すれば高い効果が得られると言うことから多剤大量処方が行われていたのです。
適切な薬の効果を得る為には、用法用量は守って服用することが何よりも大切なのです。

精力剤の致死量はどれくらいか

精力剤や勃起を促すサプリメント等は非常に容易に入手することが出来るようになっています。
インターネットの発達により、個人でも海外から輸入できるようになっている他、他人が使用した感想などを見ることもできるので、選択の幅もかなり広がっている状態になります。

しかしながら精力剤やこうしたサプリメントに関しては適切な摂取量や摂取方法があります。
間違った方法で摂取したり、摂取しすぎた場合には健康悪となるおそれがあるため注意が必要なのです。
摂取量に関しては多ければ多いほど良いというものではなく、必ず用法用量を守ることが大切です。
過剰に摂取しすぎた場合、効果が出ないだけでなく動悸や頭痛といった作用が現れる可能性もあるのです。

摂取方法に関しても満腹時を避ける、酒との併用を避けるなど決まりがあるものもあります。
これらは効果を低くしてしまうために禁止されているだけではなく、体への負担を減らすという意味合いもあるのです。

精力剤やサプリメントはその効果の高さから愛用者も多いですが、このように適切な使用方法・容量を守らないと体に大きな負担をかけることになるのです。
そのため、正しい知識を身につけての使用が大前提となっているのです。

最悪の場合死に至る副作用

病気の症状を改善するなど、医薬品は私たちの生活に大きく役立っています。
しかし、副作用を軽視してはいけません。

今回は副作用がどれほど注意すべきものか説明します。

そもそも、副作用の原因とは、薬そのものが持っている性質によるもの、薬の使い方によるもの、薬を使う人の体質によるもの、薬を使った時の身体の状態によるもの、が挙げられます。
このうち、薬を使う人の体質が原因である、アレルギーに着目します。
アレルギー症状は発疹や目のかゆみに始まり、肝機能障害、気管支ぜんそく、アナフィキラシーショックなど様々ですが、これらに言えるのは最悪の場合死に至る、ということです。
一度でも薬物アレルギーを起こしたことのある人は、体内にその薬に対する抗体ができ、その後同じような薬を飲んだ時、同様のアレルギー症状が出る恐れがあります。
このような危険な副作用を避けるためにも、一度でも軽症でも薬物によるアレルギー症状を発症したことのある人や家族に薬物アレルギーを発症したことのある人は、薬物を処方される時には、かならず医師・薬剤師に相談する必要があります。
また、副作用を最低限に抑えるため、示された用法・用量は正確に守らなければなりません。